在校生の声

楽器ビジネス科

稲葉さん

楽器ビジネス科 管楽器リペア選択 稲葉彩来

幼い頃から楽器を演奏したり、音楽を聴くことが好きで、将来も楽器に携わっていきたいと思っていました。姉の友人がたまたま代官山音楽院の卒業生だったということもあり、話を聞いているうちに学校に興味を持ちオープンキャンパスに参加をしました。
実際、入学をしてみると音楽が好きな学生ばかりなので共通の話題も多く、毎日楽しく過ごしています。色々な楽器のリペア技術や演奏から経営学・接客などのビジネスの授業まで幅広く行う楽器ビジネス科のカリキュラムは楽器販売員を目指す私にとってプラスになるものばかりです。

お店に来て下さったお客様に、元気になってもらえるような販売員を目指して日々頑張っていきたいと思います。

栗山さん

楽器ビジネス科 ギターリペア選択 栗山千尋

会社を退職し、この先何をしたいか考えた時、昔から好きだった音楽に携わる仕事に就きたいと思いました。ただ、すぐに仕事に就くより、遠回りでもしっかりと勉強をしてから現場に出たいと思い、楽器店に特化した学科のある代官山音楽院に入学を決めました。
楽器ビジネス科はバイオリン、トランペット、フルート、サックスなど初めて触れる楽器が多いので大変ですが勉強のしがいがあります。
クラスの雰囲気も明るく、他学科との交流も積極的に行なっているのでとても充実しています。

将来はお客様に音楽の楽しみを広く知ってもらい、「この人から買って良かった」と思ってもらえるような店員さんになりたいです。その為にも現場で活かせる知識や技術をたくさん学んで有意義な学校生活を過ごしていきたいです。

takayama

楽器ビジネス科 管楽器リペア選択 高山夏希

元々吹奏楽部だったこともあり、管楽器リペアの勉強をしたいと考えていましたが、代官山音楽院のオープンキャンパスに参加した時に初めて楽器ビジネス科について知りました。アルバイトで接客をしていることもあり、接客販売の方が自分には向いている、それに楽しくやりがいがあると思い、楽器ビジネス科へ入学しました。
授業で様々な音楽や楽器に触れることで、以前は興味の無かったオーケストラなども最近では聴くようになりました。また、楽器店へ行く時も今までは自分の演奏している楽器のコーナーだけを見ていましたが、入学してからは色々な楽器のコーナーへと自然と足が向くようになって、授業で多くの音楽に触れる事で意識が変わったのかなと思います。今ではバイオリンの弦交換も上手になりましたし、スネアドラムのヘッド交換も楽しく作業しています(笑)。高校の時は全く興味のなかった楽器や分野も、学んでいくうちに楽しく取り組めますし、毎日発見があり知識や技術が身に付いている実感があります。
楽器ビジネス科は夜間の授業もあるなど授業時間も多いのですが、時間を上手く使うことへの意識も高くなります。最近は調べものなどは電車で済ませるようにしています。大変な面もありますが、好きな事を仕事にするのが一番だと思います。人と接する事が好きで、楽しい事、好きな音楽を仕事にしたい!という気持ちを大切に頑張ります。

isizuka

楽器ビジネス科 ギターリペア選択 石塚祐次

昔から人と話をするのが好きで、将来は接客を仕事にしたいと考えていました。また、音楽もやっていたので、好きな音楽と接客の両方を組み合わせた楽器の販売員という仕事に魅力を感じて、楽器ビジネス科に入学しました。30年、40年続けて行く「仕事」について考えた時に、やはり好きな事を仕事にしたいという気持ちは強かったです。
楽器ビジネス科では、様々な楽器についての技術や演奏を学びます。入学前は軽音楽しかやっていなかったのですが、クラシックや吹奏楽など幅広いジャンルや音楽的な知識を身に付ける事ができ、その御陰で今までは触ったこともなかった楽器の楽しさや難しさも知る事ができました。楽器をはじめるお客様の気持ちも理解できるよい経験になっていると思います。それに、元々譜面が読めませんでしたが、ちゃんと読めるようになりました(笑)。
また、院外授業では接客ロールプレイング大会の見学などにも行くのですが、普段、接客についての授業を受けているので、大会に出場される方の凄さを肌で感じられて、とても刺激になります。そんな経験の中、入学してからは学園祭の実行委員やオープンキャンパスのスタッフなど色々な事に積極的に取り組むように意識しています。
それらが卒業後の仕事に生かせるように頑張ります!

ドラム・パーカッション総合科

s-FJMT

ドラム・パーカッション総合科 藤本 裕一

高校でドラムを始め、大学では軽音サークルに所属、社会人になってもドラムは趣味として続けてきました。自宅近くのドラム教室へ通ううちに音楽を職にしたいと思うようになりましたが、自分には2歳の息子もいますし、なかなか決断できずにいました。しかしレッスンを続ける中でプロになるという決意を固め、妻の理解とサポートの下、会社を退職し、ドラムを仕事にするために本格的に学べる学校を探し始めました。
代官山音楽院はドラムの授業が1日5時間×週5日という圧倒的な授業時間数で、年間の授業日数も多く、限られた2年間ですがプロを目指すための充実したドラム生活が送れると思い入学を決めました。
入学してみたら学ぶことが非常に多く、アマチュアといえどドラムに関しては20年のキャリアを積んできたつもりでしたが、大きなカルチャーショックを受けました。
ドラム・パーカッション総合科は演奏の授業もテックの授業も必須です。目標はドラマーとしてアーティストのサポートをし、ライブハウス機材のテックも請負いながらフリーランスとして活躍していくことですが、演奏者としてプロになることで初めてテックとして良い音が作れるのだということは両方の授業を受けて強く感じています。演奏もテックも『音に対してプロであるべきだ』という先生の言葉を胸に、日々多くを学んでいます。

ギタークラフト&リペア科

IMG_4330

ギタークラフト&リペア科 本科 志村拓郎

中学生の頃からギターを弾き始め、その頃将来はギターに関わる仕事に就きたいと思っていました。美術の大学に進学したこともあり、ギターに触れる機会が減ってしまった時期もありましたが、もう一度将来を考えたとき、やはりギターに関わる仕事がしたいと強く思い、代官山音楽院に入学することを決意しました。
学校生活はとても楽しく、今まで自分が知らなかった技術や知識を学べることに喜びを感じています。
卒業後は国内だけでなく海外でも通用するような技術者を目指し、『ギター』を一生の仕事にしていけるように頑張ります。

IMG_4317

ギタークラフト&リペア科 本科 岡勇真

高校在学時から漠然とギターの製作・リペアに関わる仕事がしたいと思っていました。進路を決める際に様々なギター製作学校の説明会、オープンキャンパスに参加した結果、学校の雰囲気。授業時間量。講師の先生方などが自分に合っていると思い、代官山音楽院に入学を決めました。
入学後の今、一日に得る情報量がとても多く、一分一秒たりとも無駄に出来ないくらい毎日が濃密で充実しています。基礎的なことから本当にマニアックなことまで学べるのでギターが好きな人には最高の環境だと思います。
日本で世界に通用するギターを作るという目標に向かって日々勉強です。

P7040020

ギタークラフト&リペア科 本科 小林将門

高校卒業後、大学へ進学しようと1年間浪人しましたが、音楽に関わる仕事が諦められず、代官山音楽院への進学を決めました。
ここでは毎日楽器に関わることができ、新たな知識を得られます。毎日好きなことについて勉強することができて、とても充実しています。
将来は海外のメーカーで仕事をしたいと思っているのでしっかりと技術を身に付けて、一流のクラフトマンになれるよう日々精進の毎日です。

P7040054

ギタークラフト&リペア科 本科 田邉来夏

中学2年生の頃、プロのギターリペアマンである叔父からエレキギターをプレゼントされて以来、ずっとギターが好きで寝ても覚めてもギターのことを考えていました。
高校生になる頃にはギターに関わる仕事がしたいと思い始め、自分の将来を真剣に考え代官山音楽院への進学を決めました。決め手は、授業時間の量や学校の雰囲気、設備などが自分に合っていると思ったからでした。
入学してからは新しい発見の連続です。ギターに使われる木材やパーツなど一つ一つが深くてマニアックでとても面白く、膨大な知識の講師陣やクラスメイトもみんなギター好きなのでとても刺激を受けています。ギターが好きな人には堪らない環境だと思います。
入学してからよりギターのことが好きになりましたが、これからもその気持ちは増え続けていくと思います。
今は、素晴らしい技術者になる為にひたむきにギターと向き合っています。

ピアノ調律科

IMG_7749

ピアノ調律科 本科 谷中郁海

代官山音楽院のオープンキャンパスに参加した際に、ピアノを調律する先生の姿に憧れて調律師を目指すことを決めました。同時に学校の雰囲気と、先生方の熱心な指導に共感し代官山音楽院への入学を決めました。
仕事を通じてお客様が何を求めているかを正確に読み取るコミュニケーション能力と、その要望に応えることのできる技術を磨き、将来はお客様を思いやることのできる技術者になることが目標です。そのために、自分が苦手としていることにも積極的に取り組み、苦手意識をなくしていけたらと考えています。

IMG_7198s-

ピアノ調律科 本科 懸田勇貴

初めて代官山音楽院を訪れた際、在校生が「こんにちは」と挨拶をしてくださったことがとても印象に残っています。院内の雰囲気が良く、過ごしている先輩方の学ぶ姿を見て、ここで勉強したいと代官山音楽院に入学を決めました。
高校2年生まで自動車整備士を目指していましたが、ずっと好きだったピアノという楽器に携わる仕事がしたいと考え、ピアノ技術者を目指そうと決めました。
将来は技術や接客等ピアノの仕事に関わる全てのスキルにおいて苦手な分野のないバランスのとれた調律師になれるよう日々の授業に取り組んでいます。

出雲

ピアノ調律科 本科 出雲みのり

中学2年生の時に初めてピアノの調律を見ました。初めて見るピアノの内部はとても興味深く、近くで調律を聴いていると、調律師さんが内部の仕組みを説明してくださいました。その時から調律師という仕事を意識するようになり、調律師さんに勧めていただいた代官山音楽院に入学しました。
初めて参加したオープンキャンパスでは内容が楽しく、何度も参加しているうちに代官山音楽院で2年間勉強しようと考えるようになり、入学を決めました。
入学して数か月が経ち、得意なこと、不得意なことが見えてきましたが、卒業後は自身で考えて問題を解決できる技術者になれるよう常に自問自答して授業に取り組むようにしています。

チェキュヒョンs-

ピアノ調律科 本科1年制 崔 圭賢(チェ・キュヒョン)

叔母が運営しているピアノ教室に、幼い頃から頻繁に遊びに伺っていました。特に高校時にはピアノの曲が大好きで、時間があればいつも聴いていた程でした。以前は営業マンとして働いていましたが、1度きりの人生なので好きな楽器、ピアノに携わる仕事をしたいと転職を考えるようになりました。
以前から代官山音楽院の先生方と相談を重ねていましたが、2年間という就学期間が幼い子供を養わなければならない私にとって大きな壁となっていました。そんな折、1年制が開講したことを教えていただき、絶好の機会だと思い入学を決断しました。
日本語が母国語ではないので言葉の面で難しさを感じることがありますが、親切な先生やクラスメイトが助けてくれています。授業も大変困難なものではありますが、入学して半年が経過した今、自身を客観的に見ると少し自信を持てるようになりつつあります。
生活面では放課後や休み時間に、ピアノ調律科だけでなく他の学科の学生ともコミュニケーションをとりながら過ごしています。出会うすべての人々が近い将来の私の人脈であり、仲間であるからです。
卒業後は楽器店に就職し、ピアノ技術者としての道を歩いていきたいと考えています。さらに将来的には、楽器を通じて日韓を結ぶ架け橋の役割をすることが私の夢です。

IMG_2604s-

ピアノ調律科 本科 磯田莉奈

家族や親戚のほとんどが技術職で、元より技術職に興味がありました。大好きな音楽に関わる技術職、ピアノ調律師という職業を知るうちに憧れるようになりました。
大学で英文学を勉強し、卒業後は音楽とは関係のない職種に就職しましたが、その憧れを捨てられず、後悔しない道を選んで挑戦してみようと考えたことがきっかけです。
代官山音楽院の学校見学の際に先生方の印象がとても良く、在校生が楽しそうに授業を受けている姿を見て一緒に学びたいと感じました。
授業日数は勿論、院外授業も多く様々な経験を在学中にできることも入学を決めた理由です。
社会人経験後の入学ということで人間関係の面で多少なりとも不安がありましたが、皆ゼロからのスタートということで強い結束力があり、日々切磋琢磨することでとても充実した学生生活が送れています。
うぐいす祭実行委員や高尾山ハイキング等の学校イベントに参加することで学年、学科を越えて様々な方と交流ができるので、今後音楽業界にてキャリアをスタートさせた時のイメージを狭めないようイベント事にも積極的に参加しています。
卒業後は世界共通語の音楽を通して様々な方と関わっていけるように、今できること、今しかできないことに全力で取り組んでいます。

kato

ピアノ調律科 本科 加藤みつみ

中学生の頃からずっと吹奏楽でチューバを担当していました。そこで、楽器の仕事に関わりたいと思い、代官山音楽院のオープンキャンパスに参加した時初めてピアノの調律という仕事を知りました。元々家に電子ピアノがあったのですが、生のアコースティックピアノは音も全く違いましたし、内部を初めて見て、改めて触ることで私の中でのピアノに対する認識が大きく変わりました。絶対にこれを仕事にしたい!と直感で調律師を目指すことを決めました。
代官山音楽院は授業日数が年間218日と多く、何より講師の先生の人柄が私にとても合ったので入学を決めました。授業は学ぶことが多く、あっという間に1日が過ぎていきますので、その日の予習復習が大変ですが、とても充実した毎日です。2年生になった今では夢に近づいている手応えを毎日強く感じられています。
人と接することが好きなので、将来はお客様宅への訪問を主に調律の仕事がしたいです。1日も早く信頼される調律師になれるようこれからもがんばります!

管楽器リペア科

P6230016

管楽器リペア科 本科 冨居奈々

憧れていた楽器修理を学ぶ為に代官山音楽院を選ぶきっかけになった一番の理由は、演奏用と実習用で1人2台の楽器の貸し出しがあることでした。中学校、高校と打楽器を担当してきた私にとっては演奏の練習がいつでも出来る環境は魅力的でした。管楽器の経験がほとんど無い中での授業は始めは不安でしたが先生方の分かりやすい説明により、今では不安はありません。管楽器リペアの魅力は、精密な楽器を正確に調整する事で音を変えていく事だと思います。
現在はウィンドオーケストラにも参加していますが、演奏はもちろん指導や運営についても学ぶことができ刺激を受けています。将来は、代官山音楽院の卒業生だと胸を張って言える技術者になりたいです。

IMG_4253

管楽器リペア科 本科 茂利康一郎

私は中学の時からフルートを吹いています。高校・大学では「のだめカンタービレ」の影響から、フランス語を専攻していました。
大学3年生の時、親に「これからは自分の好きにしなさい」と言われたことをきっかけに、まだやりたいことがある!と思い就職ではなく、大学卒業後に代官山音楽院への進学を決めました。
代官山音楽院では修理のみならず、様々な経験豊富な講師陣の授業が受けられる他、水曜日の放課後にウィンドオーケストラの活動があります。演奏技術の向上だけではなく他の学年、学科との交流や友達と楽器を交換して吹きあったり、授業以外でも音楽、楽器に触れることが出来ます。
将来の目標はフルート職人になることです。道のりは長いですが2年間でたくさんのことを学びたいと思っています。

伊藤さん-1

管楽器リペア科 夜間科 伊藤正博

午前中は保育園で音楽の先生の仕事、曜日によって中学校の吹奏楽の指導をしながら、夜は管楽器リペア科の夜間科に通っています。
授業時間が3時間しかありませんが、その分集中して取り組むことが出来ているので、最初は不安でしたが、今は不安も無く楽しんで取り組めています。
将来は、演奏される方、特に初めての方は楽器を持つことに対しても不安と感じることもあると思いますし、楽器についても分からないことも多いと思うので、そういった方に寄り添って一緒に楽器を楽しんでいられる技術者になりたいです。

image1 (1)

管楽器リペア科 本科 舟川純

中学・高校の頃、学校の楽器整備をして頂いた学校販売員の方に憧れて、リペアを仕事にしたいと思うようになりました。代官山音楽院のオープンキャンパスに参加して、技術経験豊富な講師の先生方や授業日数が多いことで、より技術が学べると思い入学を決めました。入学してからの毎日は予想以上に技術や演奏の学習量が多く大変ですが、放課後や休日の自主作業や、熱心な先生方のサポートのもと技術向上を目指しています。さらに管楽器だけでなく、ドラムメンテナンスのオープンスクールにも通っています。自分が演奏したことのない楽器のことも知り、吹奏楽を愛する学生達の支えになりたいと思っているからです。現在、学校行事のうぐいす祭の実行委員をしています。(2015年7月現在)学年や学科を越えて仲間ができ充実した学校生活を送っています。

バイオリンクラフト&リペア科

vc_sv02

バイオリンクラフト&リペア科 瀧本尚広

大学卒業時点で決心し、その上で3年社会人経験を積みつつ思いを温め、いよいよ挑戦したバイオリン製作の世界。技術の習得は楽しくて仕方がないですが、壁にぶつかったり逆境に悩まされたりもします。自分を鼓舞しなければ高い水準の意識を保つことが難しくもありますが、その先にあるものや、自らの手で創造できるということへの期待が私の背中を押してくれています。日々、頭を捻り倒さないといけませんが、ここは将来に繋げる第一歩として良き環境であると思います。

vc_sv01

バイオリンクラフト&リペア科 青島由佳

私は子供の頃からバイオリンを演奏することが好きで、バイオリン製作にも興味がありました。ただ、大学院卒業後、会社に勤めながら趣味で演奏活動をし、バイオリン製作は老後の楽しみにしようと考えていました。長く勤めた会社には愛着も多かったのですが、音楽が趣味であることだけでは足らなくなり、楽器製作について調べる中、この学校に辿り着きました。入学後は、今までとは全く異なり、自ら手を動かす毎日です。道具の使い方から木材の扱い方まで苦労の連続ですが、好きなバイオリンに関わることのできる毎日が非常に楽しいです。将来的にはプレイヤーの微細な要求を満たすことのできる楽器製作がしたいです。そのためにも、今は地道に力を付けたいと思っています。

vc_sv03

バイオリンクラフト&リペア科 蜂谷展弘

高校生の頃からバイオリンに関わる仕事に就きたいと考えており、まずは基礎から学ぶため、カリキュラムが充実しているこの学校に入学しました。
授業が始まってからは、毎日が新しいことの連続で、辛くも楽しく勉強しています。道具の仕立てから入るので、道具の扱いを知らない私のような人でも安心して開始できました。
将来、プロ、アマチュア問わず、様々な人から信頼されるバイオリン修理職人を目指して日々精進してきたいと思います。

vc_sv04

バイオリンクラフト&リペア科 神野利文

高校卒業後にこの学校に入学しました。この学校では複数の講師に教われるため、技術者により作業や考え方の違いがあるということを学べることが魅力です。また、個人のペースに合わせて授業が進むため、先生と1対1で話すことができ、わからないことをすぐに質問できることが良いと思います。
在学中は基本技術の習得とより多くの知識を得るための勉強に力を入れていこうと考えています。卒業後には3年間学んだことを土台として、より向上心をもって仕事に繋げていきたいです。